trima

長崎の方言は響きがかわいい!よく使われる方言一覧や告白例文も!

長崎の方言は響きがかわいい!よく使われる方言一覧や告白例文も!

2020.09.24

Trima雑学

長崎県の方言は、イントネーションも独特で長崎ならではの面白い方言もたくさんあります。そんな長崎の方言を一覧にして紹介していきます!語尾に「〜と」などがつくのでかわいいと人気ですし、長崎弁で告白されたいと言う方は沢山います。是非長崎弁をマスターしてみてください!

目次

  1. 長崎の方言一覧!意味や使い方を徹底解説
  2. 長崎の方言の特徴
  3. 長崎の方言の語尾は博多や熊本と同じ肥筑方言
  4. 長崎でよく使われる方言一覧
  5. しける
  6. はぶてる
  7. ねまる
  8. いっちょん
  9. 響きがかわいい長崎の方言
  10. 好いとっと
  11. ちょんちょん
  12. ~と?
  13. 意味が伝わりにくい長崎の方言
  14. うったち
  15. ふとか
  16. じゃがいも
  17. からう
  18. おっちゃかす
  19. とっとっと
  20. 早口言葉のような長崎の童歌「でんでらりゅう」
  21. 長崎の方言で告白するなら?
  22. 男性編
  23. 女性編
  24. 長崎の方言は意外と馴染みやすい

長崎の方言一覧!意味や使い方を徹底解説

 (786361)

ハウステンボスや軍艦島など、様々な人気の観光地がある長崎県では、独特かつ面白い方言が沢山あります。全く知らない人が聞くと「なんて言ってるの?」と感じることも多いでしょう。

今回は、そんな長崎の方言を紹介していきます!意味や使い方などにも触れていきましょう。方言はとても温かみがあります。

意味も理解できるようになると、長崎の方との会話ももっと楽しめるようになります。観光に訪れた際などに、実際使ってみるとコミニュケーションの幅も広がります。

長崎の方言の特徴

 (786364)

同じ長崎県でも、北部と南部によってイントネーションに違いがあります。北部の方では基本的にアクセントがありません。一定のトーンでしゃべります。

ですが、南部の方ではアクセントが強めなのです。そして、標準語では「さしすせそ」と発音するような会話も、長崎弁では「しゃししゅしぇしょ」と発音します。

子音の発音が特徴的なので、それをわかっていないまま話を聞いてしまうと、何を言ったのかわからない…と言うことになるのです。

長崎の方言の語尾は博多や熊本と同じ肥筑方言

 (786367)

長崎の方言は、無アクセントの特徴があり、これは博多や熊本でも使われている肥筑方言です。南部で使われている長崎弁は、「九州西南部式アクセント」と言うアクセントが使われています。

九州でよく聞かれるようなアクセントです。こちらの「九州西南部式アクセント」が使われているのは、熊本にも多いですし鹿児島でも使われています。

長崎県の方言と言っても、九州全体で似たような方言が使われていると言うことがわかります。特に福岡の方言と似ているところがたくさんあります。

長崎でよく使われる方言一覧

では、具体的に長崎県の方言にはどのようなものがあるのかを紹介していきます。初めて聞いた時には、全く意味がわからないようなものも多いです。それが方言の良さでもあります。

しける

「しける」とは、「海がしける」などで使われる「しける」とは意味が全く違います。子供が「赤ちゃん返り」をすることを言います。

例えば「上の子が生まれてから、下のがしけるようになったわ」などです。急に赤ちゃんのようになって甘えてくるような様子を表しています。

「しけてしまったわ」などと言うこともあります。小さい子供を持つ親世代でよく使われる方言です。沖縄の方では、「しける」は「しょげる」「萎える」と言う意味があり、同じ九州でも微妙な違いがあります。

はぶてる

長崎だけではなく、福岡や広島の方でも使われている方言で「はぶてる」と言うものがあります。これは「拗ねる」「ふてくされる」などの意味があります。

「なんではぶてると?」などと使います。「なんで拗ねているの?」と言う意味になります。怒っていると言うような使い方ではなくて、あくまでも「拗ねている」状態なのです。

日常的によく使われている方言なので、覚えておくといいでしょう。「またはぶてるとね?」は「また拗ねるの?」と言う意味です。恋人同士などでもよく使われています。

ねまる

「ねまる」とは「腐る」「腐っている」「傷んでいる」などの意味があります。長崎全土で使われている方言で、熊本や鹿児島でも耳にすることがある方言です。

「早く冷蔵庫に入れんとねまるよ」などと使われます。「早く冷蔵庫に入れないと、腐るよ」と言う意味になります。日常的によく使われている方言です。

どうして「ねまる」になったかと言うと、食べ物を寝(ね)かせて待つ(まる)と食べ物が腐るから…と言う理由で「ねまる」になったと言われています。

いっちょん

かわいいと言われる方言のひとつに「いっちょん」があります。これは「全く」「ちっとも」と言うような意味があります。

「今日の授業の意味わかった?」「いっちょんわからんかった!」などと使われます。「いっちょんわからない」は「全くわからない」と言うことになります。かなり日常的によく使われる方言のひとつです。

長崎だけではなく、博多などでも多く使われる方言です。「いっちょん」は割と有名で、多くの人に知られている方言だと言えます。他の地方では「いっちゃん」などの方言もありますが、それとは全く違った方言になります。

響きがかわいい長崎の方言

次は、響きがかわいいと言われている長崎弁を紹介していきます!女性が使ってもかわいいですし、男性が使ってもかわいいと言われるような方言が多いです。

好いとっと

「好いとっと」と言われて告白されたい!なんて方が多いくらい、「好いとっと」は人気の方言です。長崎だけではなく、福岡などでも使われています。

「好きなの」と言う意味で、同性の友人同士で気軽に使うことも多いですし、恋人同士で使うことももちろん多いです。「ずっと好きだったよ」は「ずっと好いとったよ」などと言います。

確かに、とても可愛らしい印象の方言ですし、男性が使っても癒されるあたたかみのある言葉です。照れ隠しで、ちょっと強めのアクセントで言われたりすると、ドキッとくるでしょう。

ちょんちょん

「ちょんちょん」もかわいいと言われている方言のひとつですが、この「ちょんちょん」は大人が小さな子供に対して使う方言です。

「座る」と言う意味があり「ここにちょんちょんしてね」などと使われます。「ここに座ってね」と言う意味になります。親が子供に使う言葉なので、大人には使わないように注意しましょう。

同じような意味で「おちょん」と言う方言もあります。「ここにおちょんして」も「ここに座って」と言う意味です。「おちょん」を使う方と「ちょんちょん」を使う方とどちらかに分かれるでしょう。

~と?

長崎県の方言の語尾は、色々なものがあり福岡でも多く使われているような「〜たい」「〜ばい」を使う方も非常に多いです。

ですが、何かを聞く時などに使う疑問形の方言として「〜と?」があります。これがとてもかわいいと人気があります。使い方とすると「何しよっと?」などです。

確かに、語尾は「〜と?」と言うだけでとてもやわらかい印象になります。「今日は休みと?」は「今日は休みなの?」と言う意味になります。

意味が伝わりにくい長崎の方言

次は、なかなか長崎県以外の人には伝わりにくい方言を紹介していきます!

うったち

長崎だけではなくて、九州全体でもよく耳にすることがある「うったち」は、他の地方の方が聞いても「?」となってしまうことが多い方言のひとつです。

「うったち」とは「私たち」と言う意味があります。「うちたち」が変化していって「うったち」になったのです。「うったち似てるよね?」は「私たち似てるよね?」と言う意味になります。

親しい間柄で使うような方言なので、「うったち」と言われると、それなりに仲が良いと言う解釈をすることもできます。

ふとか

「ふとか」は「太い」と言うことなのかな?と勘違いされることも多いですが、微妙に違っていて「大きい」と言う意味になります。

「ふとか魚やね」は「大きい魚やね」と言う意味になります。背が高い人などにも「ふとかね」などと言うことがありますが、決して「太い」と言う意味ではないと言うことを理解しておきましょう。

子供が成長した様子を見て「ふとなったね〜」などと言うこともあります。これも、「大きくなったね」「成長したね」と言う意味になります。

じゃがいも

「じゃがいも」と聞くと、野菜のじゃがいもを連想する方が多いですが、実は野菜のじゃがいもではありません。靴下に穴が開いていて、そこから指が出ている様子を「じゃがいも」と言うのです。

「じゃがいものできとるよ」と、靴下を見ながら言われた時には靴下に穴が開いているんだな、と受け取ってください。もちろん、野菜のじゃがいものことも「じゃがいも」と言うので勘違いしないようにしましょう。

若い人たちの間でもよく使われる方言です。

からう

長崎だけではなくて、九州全体でも多く使われているのが「からう」です。「からう」とは「背負う」と言う意味があります。

「早くランドセルからって学校行きない!」は「早くランドセルを背負って学校行きなさい!」と言う意味になります。おんぶをする時なども「からってあげるわ!」などとなります。

「からう」は九州の色々なところで使われている方言なので、標準語だと思っている方も多いです。

おっちゃかす

「落とす」と言う意味のある「おっちゃかす」は、初めて聞く人からすると、何のことかわからない…となってしまうことの多い方言です。

物を床に落とした時などに「おっちゃかした!」などと言います。また、「今のうちに勉強しとかんと、単位おっちゃかすど!」などと使うこともあります。「今のうちに勉強しておかないと、単位落とすよ」と言う意味です。

「どこかに落とした」と言うのも「どっかにおっちゃいとっと」となりますし、「そんなに無理していっぱい持ったらおっちゃかすばい」は「そんなに無理していっぱい持ったら落とすよ」と言うことになります。

とっとっと

「とっとっと」は「とってると?」と言う意味合いになります。とても可愛らしい雰囲気の方言のひとつです。「このお菓子ずっとあるけど食べんと?」「お腹がすいた時のためにとっとっと!」と言うように使います。

「お腹がすいた時のためにとって置いてるの!」と言う意味になります。「とっとっとよ!」などと語尾に〜よを使うこともあります。

「席とっとって!」「もうすでにとっとっとよ!」などと使われることもあります。

早口言葉のような長崎の童歌「でんでらりゅう」

長崎県の方や九州の方は多くの人が一度は耳にしたことがある「でんでらりゅう」と言う歌があります。最近ではCMでも使われていたこともあり、全国の方が耳にしたことのある歌になりました。

実はこの「でんでらりゅう」は長崎発祥の歌で、長崎の方言が多く詰め込まれているのです!日露戦争時に流行った「長崎節」が元になっていると言われています。

「でんでらりゅうばでてくるばってん…」などと歌詞を聞くと全く意味のわからない言葉の羅列のように聞こえますが、全て長崎弁になっているのです。手遊びをしながら楽しんで歌うことのできる動揺のひとつです。

長崎の方言で告白するなら?

 (786396)

長崎の方言を始め、九州の方言はかわいいと言われており、方言で告白されたいと言う方も多いです。では、長崎県の方言ではどんな告白の仕方を紹介していきます。

男性編

 (786399)

長崎県では、「俺」のことを「おい」と言うこと男性も多いです。そして「わい」は「あなた」と言うことになります。そのため、「おいはわいのことを好いとる」と言われた時は「俺はあなたのことが好きです」と言うことになります。

とても男らしいですし、ついついドキッとしてしまう方も多いでしょう。「こっちにおいで」なども「こっち来んね」となるので、そのような方言にドキドキする女性は少なくありません。

長崎の方言は、比較的男らしく九州男児らしいものが多いです。

女性編

 (786407)

長崎弁でかわいい告白の仕方と言えば「好いとるばい」です。普段サバサバしているような女性が恥ずかしそうにしながら「好いとるばい」と言うのはとてもかわいらしく思えるでしょう。

「一緒にいたい」と言うのは長崎弁で「一緒におりたか」となります。他にも、「こがん好きって言いよっとに」と言うのは「こんなに好きって言ってるのに!」と言う意味になります。

どちらも、照れている様子を必死に隠そうとしながら言っているような雰囲気があります。長崎の方言の告白は、福岡などでも使われています。

長崎の方言は意外と馴染みやすい

 (786409)

長崎の方言は、かわいいと言われることも多いですが時にはきつく感じてしまうこともあります。基本的に「〜と」「〜たい」「〜ばい」などと言い切ることが多いからです。

ですが、とてもあたたかみがあって親しみやすく馴染みやすい方言です。意味をきちんと知ることによって、長崎の方との距離はぐっと近づきます。

長崎独特の方言やイントネーションはとても面白いものがあります。是非あなたも使ってみてください!

関連する記事