trima

栃木の方言がかわいい!方言の特徴や思わずドキッとする告白フレーズ

栃木の方言がかわいい!方言の特徴や思わずドキッとする告白フレーズ

2020.09.24

Trima雑学

栃木の方言は、どういったイントネーションだったか思い出せますか。日本にはさまざまな方言が各地にありますが、栃木の方言はとても特徴的でかっこよく、そしてかわいいです。栃木の方言を一覧でご説明します。告白の言葉も合わせてご説明します。

目次

  1. 栃木の方言は特徴的!
  2. 栃木の方言の特徴
  3. 栃木弁と言われる
  4. 語尾が上がる
  5. 濁点が多い
  6. 「い」と「え」が混合している
  7. 栃木の方言一覧【日常会話】
  8. いんない
  9. こわい
  10. おっかない
  11. ちんたら
  12. とうと
  13. めっけ
  14. おばんです
  15. だいじ
  16. おわす
  17. ぼっこれる
  18. 栃木の方言一覧【かわいい方言】
  19. ~さ
  20. ごじゃっぺ
  21. らいさま
  22. でれすけ
  23. おにむし
  24. 栃木の方言一覧【告白】
  25. 好きなんさ
  26. 付き合ってくれんけ
  27. とうと好きでした
  28. 栃木の方言がかわいすぎる!

栃木の方言は特徴的!

 (788370)

観光地として有名な栃木ですが、栃木は観光地としてだけではなく方言もとても人気でユニークです。おそらく一度は聞いたことがあるはずの栃木の方言ですが、男性が話せばかっこよく聞こえ、女性が話せばとても可愛く聞こえるのが特徴的です。

これから栃木に観光や出張で行くという人は、ぜひこれからご説明する栃木の方言を学んでおきましょう。そうすれば、栃木の人ともスムーズに楽しく会話をすることができます。

栃木の方言の特徴

 (788371)

栃木の方言の大きな特徴と言えば、イントネーションでしょう。明らかに標準語とは違うイントネーションが混ざりますので、初めて聞いた人は何のことを話しているのか分からなくなってしまうかもしれません。

また、アクセント部分が大きく違うのも特徴的です。「雨」も「飴」も同じアクセントになってしまうため、状況によってはどちらのことを言っているのか分からないことがあります。

また、栃木の中でも5つの地域に分れており、その5つとも微妙に方言が違います。こうした違いを知ることも楽しみの一つとなります。

栃木の方言は、耳に残りやすいですが、実際に実際に自分で使ってみるとその難しさが分かります。話し方や、方言の使い方も含めてチェックしてみましょう。

栃木弁と言われる

 (788372)

栃木の方言は一般的には栃木弁と呼ばれています。癖がとても強いため、すぐに栃木弁だと分かります。

標準語とはかなり違いがありますので、栃木の人だということはすぐに分かります。栃木の方言と呼ぶよりは、栃木弁と呼ぶ方が馴染み深いでしょう。

語尾が上がる

 (788374)

栃木の方言はとにかく多くの言葉の語尾が上がるのが特徴的です。先ほどもご紹介した「雨」と「飴」もそうですが、名詞に対しても語尾が上がるため、どちらのことを言っているのか判断できないこともあります。

また、名詞で言えば「カレー」「カレイ」も同じに聞こえてしまうかもしれません。カレーライスのことを言っているのか、魚のカレーのことなのか分からなくなってしまうでしょう。

それだけ語尾に大きな特徴があるのが栃木の方言の目立つ部分です。文字で表すと語尾を上げれば良いだけと感じて、簡単に捉えてしまいます。

しかし、実際はとても難しく栃木の人と同じように方言を使えば、違和感が生まれてきます。

濁点が多い

 (788375)

そして、濁点が多いのも栃木弁の特徴ではないでしょうか。例えば「行く」の場合には「いぐ」という話し方になります。

もちろん、聞いている側は迷うことなく聞き取れますが、標準語とは明らかに強い違和感は感じることになるでしょう。その他にも濁点を多用する言葉多いため、男性が栃木の方言で話せば力強く聞こえてきます。

しかし、なぜか女性が話せば可愛く聞こえてしまうのです。そのため、女性であれば、ぜひ栃木の方言を習って欲しいです。

「い」と「え」が混合している

 (788377)

また、「い」と「え」が混合しているのも栃木の方言の特徴です。「い」と「え」が混合するとは例えば「エンピツ」の場合には「インピツ」という言葉になってしまします。

かなり不思議な方言に聞こえますが、なぜか栃木ではこうした話し方になります。もちろん、栃木では誰もが違和感なくこの方言を使っていますので、こうした「い」と「え」が混合していても会話がスムーズに成立してしまうのです。

この「い」と「え」の混合に関しては慣れるしかありませんが、初めて聞いたときには戸惑ってしまうことになるでしょう。何度も繰り返し話して行くことで覚えられますが、自分の体に昔から染み付いた栃木の人とのギャップは間違いなく感じます。

栃木の方言一覧【日常会話】

それでは栃木の日常会話で使われる方言をご紹介します。あくまでも日常会話レベルなので、栃木に興味がある人は絶対に覚えて欲しい言葉です。

しかし、栃木の方言は日常会話レベルでもかなりハイレベルです。何について話しているのか全く分からない言葉もたくさん出てきますので、一つずつ覚えていきましょう。

いんない

「いんない」という栃木の方言は、何となくどのようなことを話しているのかイメージできるはずです。「いんない」とは「いらない」という意味です。

例えば例文としては、「そんなものはいんない」となります。「いんない」や若者ではれば「いんねぇ」という使い方もされます。

また、男性であれば「いんねぇ」の方が力強さを感じますが、女性であれば「いんない」と方言を使った方が、可愛く聞こえます。何となく標準語との繋がりが分かるような方言なので、覚えやすいかもしれません。

こわい

「こわい」と聞けば、多くの人は「怖い」と捉えるでしょう。そもそもこの「こわい」という言葉があるため、これが方言だとは誰も気が付かないかもしれません。

しかし栃木で「こわい」と言われればそれは「疲れた」ということを意味しています。かなり意外かもしれませんが、栃木の人は当たり前のように日常的に使っています。

「今日は仕事でこわい」などの使い方がされます。こうしたパターンの方言が出てきてしまえば、余計に覚えにくくなるかもしれません。

おっかない

「おっかない」はおそらく全国で広く浸透している栃木の方言です。しかし、この言葉の意味を知っているという人でもこの言葉が栃木の方言だということは知らない人が多いです。

「おっかない」とはご存知の通り「怖い」を意味しています。「幽霊はおっかない」などの使い方で、若い方であれば「おっかねぇ」などと使います。

先ほどの「こわい」の方言と混合してしまいそうですが、「怖い」は栃木では「おっかない」が正しいのです。

ちんたら

おそらくこの「ちんたら」は聞いたことがあるはずです。「ちんたら」とは「だらだら」などの意味があります。

使い方は「ちんたら仕事をするな」などです。聞いたことがな人でもこの「ちんたら」は何となくイメージができるでしょう。

この言葉は栃木だけではなく、全国に広がっている言葉でもあります。しかし語源がどこから来ているのかは、とても気になる言葉でもあります。

栃木の方言は今でも語源がどこから来ているののか、はっきりと分からない言葉がたくさんあります。

とうと

「とうと」も栃木では日常的に使われている言葉です。こと言葉は初めて聞いた人も多いでしょう。

確かに他県で使われているような言葉ではありません。「とうと」とは、「ずっと」と言う意味があります。

「今までとうと遊んでいたのけ?」と言う使い方です。意味は、「今までずっと遊んでいたの?」となります。

この言葉は、難しい栃木の方言の中でも比較的覚えやすいでしょう。

めっけ

「めっけ」はかなり有名な栃木の方言です。一度は聞いたことがある、この言葉を知っていると言う人も多いはずです。

「めっけ」とは、「見つける」と言う意味があります。「探していた物、めっけた」などの使い方がされます。

かなり広く知られている栃木の方言なので、栃木の方言が全国に広がっている言葉だと言うことが分かります。他県の人でも普段から当たり前のように使ってる人も多いでしょう。

おばんです

難しい栃木の方言でも、「おばんです」は知っているでしょう。この栃木の方言も、全国に広がっている言葉です。

「おばんです」とは、何となくイメージできるでしょうが、「こんばんは」と言う意味があります。言葉の語源はやはり「晩」と言う夜を意味する言葉から来たのでしょう。

そして、「おばんです」は丁寧で綺麗な言葉として使う方言なので、頭に「お」が付いているのでしょう。

だいじ

「だいじ」も特徴的な方言です。「だいじ」と聞けば、多くの人は「大事」と言う言葉がイメージできるでしょう。

しかし、栃木の方言の「だいじ」は少し意味が違います。「だいじ」とは「大丈夫」と言う意味があります。

かなり意外な使い方だと思うかもしれませんが、栃木では普段から当たり前のように使われています。例文としては「今日は迎えに来なくてだいじだ」となります。

おわす

「おわす」とは「終わる」と言う意味です。この栃木の方言は、かなりしっくりと来るでしょう。

ストレートに意味が伝わりやすく、覚えやすい言葉です。「今日の仕事はおわす」と言う使い方がされます。

しかし、なぜこうした変化がなされたのかは分かりません。独特な変化を付けるのが栃木の方言の特徴でもあります。

ぼっこれる

「ぼっこれる」は分かりますか。聞いたことがない人でも、おそらくい味が分かれば何となく粉の言葉のイメージはしやすくなります。

「ぼっこれる」とは「壊れる」と言う意味があります。「テレビがついにぼっこれた」と言う使い方などがあります。

他県では使われるようなことはない方言ですが、意味が何となく分かりますので覚えやすいです。こうした普段使っている栃木の方言を見れば、共通点があるように感じます。

栃木の方言一覧【かわいい方言】

それでは次に、ぜひ女性に使って欲しい可愛い栃木の方言をご紹介します。栃木の方言は、男性的な言葉に聞こえるかもしれませんが、女性にもおすすめの方言もたくさんあります。

本当にほっこりするような可愛さなので、ぜひ覚えてください。

~さ

「〜さ」は話の続きの言葉になりますので、とくに大きな意味はありません。例えば「今日さ」と言う話の進め方の場合、「今日ね」と標準語になります。

しかし、「ね」よりも「さ」の方が明らかに可愛く感じます。何となく暖かさも感じさせてくれ方言なので、女性にはおすすめです。また、「んだ」ではなく「んさぁ」と言う使い方をすることもあります。

どちらの使い方にしても、かなり可愛く聞こえます。

ごじゃっぺ

この「ごじゃっぺ」も可愛くないですか。「ごじゃっぺ」とは、「冗談」や「嘘」と言う意味があります。

語尾に「ぺ」が付くだけで、何となく冗談でも嘘でも許してしまいそうな気分になります。また、この方言には「いい加減な」と言う意味も含まれています。

「そんなごじゃっぺなことばかり言って」のような使い方になりますが、独特な言い回しと、独特なイントネーションとが混ざり合えば、栃木の方言らしく聞こえてしまいます。

らいさま

「らいさま」は、かなりイメージが湧きやすい方言です。「らいさま」とは、「雷」を意味しています。

雷は「らい」とも呼ばれていることや、雷様と言う敬う言葉もあることから、「らいさま」と言う方言はかなり違和感なくしっくりきます。雷が鳴ることで雨が近いと感じます。

雨は、農作物を育てるのには欠かせない存在のため、今でも「らいさま」と呼ばれているのかもしれません。また、「さま」と付けることで可愛くも聞こえてくる栃木の方言です。

でれすけ

「でれすけ」は、一度きけば忘れることができないような特徴的な栃木の方言です。ただ、急にこの言葉が出てきたときには、何のことを話しているのか分からないでしょう。

「でれすけ」とは、「だらしがない」や「馬鹿者」と言う意味を持っています。こうした意味を知れば、「でれすけ」と言う言葉が覚えやすくなるかもしれません。

何となく、ダラダラしている人とも捉えられる方言なので、意味が理解しやすいです。「だらしがない」と言われるとあまり気持ちの良いものではありませんが、「でれすけ」と言われれば、可愛く聞こえ、何となく怒る気持が失せてしまう言葉になります。

栃木の方言は、中にはキツイ言葉もありますが、言い方や女性が使えば柔らかく、そして可愛く聞こえてくる言葉が多いです。

おにむし

「おにむし」もかなり独特な方言です。「虫」はイメージできるかもしれませんが、「おに」は何についての表現なのかは分からないでしょう。

実は「おにむし」とは、「クワガタムシ」のことです。説明を受ければ、何となく理解が深まるはずです。

まさに鬼のような角が生えていることから、この「おにむし」と言う方言が生まれました。「クワガタムシ」とは程遠い言葉のため、初めて聞いた人は何のことを話しているのか分からないはずです。

こうした癖のある表現の仕方が、栃木の方言の可愛い特徴とも感じます。男性が使えばかっこ良く聞こえ、女性が使えば可愛く感じる栃木の方言です。

栃木の方言一覧【告白】

栃木の方言は、告白するセリフもとても可愛いです。標準語では伝わりにくくても、栃木の方言なら気持がしっかりと伝わるかもしれません。

もし誰かに告白をするなら栃木弁で行うのも良いでしょう。しかし、そのためには栃木弁を知り、さらには意味も理解しておく必要があります。

おすすめの栃木の方言の告白をご紹介しますのでチェックしてください。

好きなんさ

「好きなんさ」は、ストレートでとても分かりやすい告白のセリフです。意味は「好きなんです」となりますが、女性が使えばほっこりとした気持ちになるのが分かるでしょう。

また、この「好きなんさ」は何となく構える気持ちを持たないまま言えるセリフです。言いにくいような緊張感が少なくなるため、おすすめの言葉です。

栃木では誰もが使っている告白の方言なので、ぜひ覚えてください。

付き合ってくれんけ

かなりおすすめの栃木の告白言葉は、「付き合ってくれんけ」です。標準語になおすと、「付き合ってくれない?」となりますが、語尾がとても可愛いです。

思わず「はい」と言ってしまいそうになる方言であり、とても心が暖かくなります。唐突にこのセリフを口にしても、何となく違和感を感じないのは、栃木の方言の魅力でしょう。

相手になかなか告白ができない、良い言葉が見つからないときには、ぜひ「付き合ってくれんけ」を使ってください。

とうと好きでした

このセリフもとても可愛いです。「とうと好きでした」の「とうと」とは、「ずっと」と言う意味があります。

つまり、「ずっと好きでした」と言う意味になります。言い回しが独特なので、心に残るセリフになります。

また「とうと」は、耳触りがとても良いため、より可愛さが感じられます。なかなか告白できない相手でも、スッと口にできる言葉なので、ぜひ使ってください。

栃木の方言がかわいすぎる!

 (788378)

栃木の方言は、とても可愛い響きに聞こえます。今まで栃木の方言を知らなかったと言う人は、これを機会にぜひ覚えてみてください。

また、栃木は観光地としてもかなりおすすめのスポットです。自然が広がる栃木でのんびりすごせば、心も体も癒やされるでしょう。

地元の人との交流を行うなら、栃木の方言を覚えることが一番です。まずはご紹介した方言を覚えて、それから栃木へ観光や出張にでかけてみましょう。

関連する記事