trima

富山の方言はかわいい?特徴や日常会話・面白い方言・告白フレーズ!

富山の方言はかわいい?特徴や日常会話・面白い方言・告白フレーズ!

2020.09.25

Trima雑学

富山の方言はかわいい方言ランキングの2位にランクインしてるってご存じでしょうか?女性が話すと可愛い方言と言われており、男性からも人気が高いとか。今回は富山弁の可愛い表現や、日常会話、面白方言、告白言葉などを解説!一緒に富山弁を学んでいきましょう。

目次

  1. 富山の方言がかわいい!
  2. 富山の方言の特徴
  3. 富山弁と言われる
  4. 標準語の意味と全く違うことがある
  5. 語尾を伸ばす
  6. 富山の方言一覧【日常会話】
  7. まいどはや
  8. だちかん
  9. へしない
  10. きのどくな
  11. つかえん
  12. あのっさん
  13. だやい
  14. きときと
  15. いとしい
  16. うしなかす
  17. 富山の面白い方言
  18. ちんちんかいかい
  19. だんこちんこ
  20. くどく
  21. だいてやる
  22. ちんと
  23. ちんちんぼんぼ
  24. ちんちん
  25. 富山のかわいい方言
  26. あっかりする
  27. あったらもんな
  28. せんまい
  29. ちゃべ
  30. でかいと
  31. 富山弁の告白が胸キュン
  32. すきやちゃ
  33. 大好きなが
  34. 富山の方言がかわいくて好き!

富山の方言がかわいい!

 (838540)

富山の方言と聞くと、あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。富山県は日本海に面した中部地方にある県です。黒部ダムを始めとする自然豊かな観光スポットが多く、数々の絶景は写真映えすると話題です。

そんな富山県の方言が「かわいい」と言われているのをご存じでしょうか?特に女性が話すと魅力的だ噂になっており、方言ランキングでも2位に挙げられるほどだとか。今回は富山の方言を徹底解説!可愛いと言われる秘密を探るべく、日常会話や面白方言など、富山の方言をたっぷり紹介していきます。

富山の方言の特徴

 (838545)

富山県は岐阜県、新潟県、石川県、長野県に隣接した県です。県庁所在地は富山市、北陸地方のほぼ中心にある県です。その位置からも北陸の方言に近いと想像できます。石川県や福井県などで使われているイントネーションに近いのでしょうか?

ここからは、富山の方言の特徴を見ていきましょう。

富山弁と言われる

 (838546)

富山の方言は「富山弁」と言われ、3つの地域に分けられています。県の中央にある呉羽丘陵を境にし、西側の地区を呉西、東側を呉東、呉西の南側の五箇山です。それに伴い富山の方言も呉西方言、呉東方言、五箇山方言の3つに分けられています。

3つの地域の中でも五箇山方言は他の地域と大きく異なると言います。北陸地方に位置していますが、どちらかと言うと西日本の方言に近いとか。そこに東北の方言と東日本方言が少し混ざり、独自の方言を展開しています。

標準語の意味と全く違うことがある

 (838547)

東日本の方言が少し混じる富山弁を見てみると、標準語と同じ方言も多数あります。しかしその意味は標準語とは全く違うことか。場合によっては反対の意味になることもあり、他県の方が意味を知らずに聞くと勘違いしてしまうことも多いんです。

中には日常的に使われている言葉もありますので、次の項で詳しく説明していきます。

語尾を伸ばす

 (838548)

富山弁は語尾に特徴があります。石川県や福井県で使われている間投イントネーションが使われており、アクセントが上がったり下がったり激しく変わって行くのが特徴的です。

語尾は母音を長くのばしたり、逆に「ん」で表記される撥音を共通語よりも短く発音したり・・・。語尾とアクセントに特徴があり、可愛いと言われる語尾には「~ちゃ」「~にゃ」などがあります。また、語尾をしっかり伸ばすことでより可愛さが加わり、柔らかい印象を与えると言います。

富山の方言一覧【日常会話】

ここからは、富山の方言を見ていきましょう。まずは日常会話編からです。中には標準語とは全く違う意味の言葉もありますので、注目してみてください。なお発音やイントネーションに関しては、こちらの動画で確認しましょう。

まいどはや

「まいどはや」は比較的年配の方がよく利用する言葉です。若い人の間ではあまり使われていませんが、富山弁を代表する方言の1つです。意味は「いつもどうも」「こんにちは」です。

たとえば「まいどはや、まめけ?」と言うと、「こんにちは。元気?」という意味。友人同士の挨拶代わりに使われる言葉です。ただし40代より若い世代になると、その言葉自体知らない場合もあるとか。

だちかん

「だちかん」は、「ちかん」と勘違いされそうな方言ですが、意味は「よくない」「だめ」になります。何かを否定する時に使う言葉ですが、「だ」を取ってしまうと「ちかん」になるので、使う際には注意が必要です。

たとえば「そんなんだちかんちゃー」と言うと「そんなのダメだよ」という意味です。語尾に「ちゃ」をつけると、比較的表現が柔らかくなり、特に女性が使うと可愛らしく感じます。異性に対して「だめ」と伝える時には、可愛い語尾をつけて表現してみましょう。

へしない

「へしない」は、「速い」の対義語である「遅い」の意味。時間がかかりすぎて遅い時に使う言葉です。逆に開始まで時間がかかり「遅い」と言う時には使われません。車の運転が遅い場合にも「へしない」は使われます。

「へしないなー!はよ食べれま」と言うと、「遅いな。はやく食べなよ」という意味。ネガティブな表現ですので、使う際には注意しましょう。

きのどくな

「きのどくな」と言うと、慰めや同情で使う「気の毒な」を想像する方がほとんどでしょう。この言葉も標準語と真逆の意味を持つ代表的な方言で、意味は「ありがとう」になります。

申し訳ないという気持ちから「ありがとう」という意味になったとか。「わざわざきのどくなね」と言うと「わざわざありがとう」という意味になります。富山ならではの優しさが溢れる方言と言えます。

つかえん

「つかえん」という方言は、比較的よく耳にする言葉。標準語では「つかえん」=「使えない」という否定的な意味ですが、富山では逆の意味合いを持っています。「つかえん」とは、「差支えない」「かまわない」という意味。よって富山ではプラスの意味で使われています。

大阪弁の「かまへん」に近い方言。「これ使っていいが?」と聞かれると問題ない、差支えない場合は「つかえんちゃ」と答えます。「使えん」と同じ発音なので、使用する際には気を付ける必要があります。

あのっさん

「あのっさん」と聞くとどのような意味を想像するでしょうか?富山弁では「あの方」「あの人」という意味です。第三者について話す際に使われます。たとえば「あのっさん京都大学出とられんがやと」と言うと「あの人京都大学出てるんだって」という意味。

初めて聞くと「あのおっさん」に聞こえてしまうとか。県外の人が聞くとびっくりしてしまうこともありますが、「っさん」は「人」という意味で、日常的によく使われる方言です。

だやい

富山でよく耳にする方言の1つに「だやい」があります。「だやい」とは、「だるい」「やる気が出ない」と同じ意味。アクセントが頭にきて「だ」を強く発音します。こちらもマイナスな意味合いを持つ方言で、「大変」「しんどい」という意味でも使われます。

たとえば「今日の仕事だやいっちゃ」と言うと「今日の仕事しんどい・だるいわ」という意味です。友人同士の間でよく使われています。

きときと

富山を代表する方言と言えば「きときと」ではないでしょうか。回転寿司などでもよく見かける方言で、意味は「新鮮な」になります。よって「きときと寿司」とは、「新鮮なお寿司」という意味。

富山県だけでなく金沢でも使われており、会話ではあまり使用されていませんが、お店の名前や映画のタイトルなどでよく見かけます。観光ポスターでも富山の特徴的な方言として使われています。

いとしい

「いとしい」は標準語では「愛しい」という意味ですが、富山では全く別の意味で使われています。富山では「かわいそう」という意味です。「かわいそう」と言われるよりどこか柔らかさがあって、優しい気持ちになれると好評です。特に女性が使うと可愛い方言の1つ。

たとえば「いとしいことや」と言うと「かわいそうなことだ」と言う意味です。相手に対して同情の気持ちを表現する際に使います。

うしなかす

「うしなかす」「うしなける」は「紛失する」「失くす」という意味。ただし使用するのはモノに対してのみです。たとえば「財布うしなかした」と言うと「財布失くした」という意味になります。自分の過失により何かを紛失してしまった時に使われます。

ご自身で失くしたことを自覚した時、過失を自覚した時などに使用されます。

富山の面白い方言

語尾が可愛らしく男性からも人気が高い富山の方言ですが、中には卑猥な意味を想像してしまうような面白い方言もあります。日本テレビ「月曜から夜ふかし」でもよく取り上げられていますので、ご覧になった方も多いでしょう。

ここからは、県外の人が聞くと思わずクスっと笑ってしまうような面白い方言を見ていきましょう。発音やイントネーションについては、動画をチェック!どのような意味なのか想像しながらご覧ください。

ちんちんかいかい

1つ目は「ちんちんかいかい」。なんとも卑猥な言葉ですが、バスケットボール選手の八村塁さんがお気に入りの言葉として挙げたことでも有名です。

富山弁では「正座をする」という意味。たとえば「ちんちんかいとけ」と言われると「正座しとけ」という意味だとか。県外の人が聞くと耳を疑ってしまう方言ですが、日常的にも使用されています。

だんこちんこ

続いて紹介するのは「だんこちんこ」。またまた下ネタ満載の方言になりますが、富山では「互い違い」という意味です。ボタンが掛け違えている時などに使われます。

たとえば「あんたボタンがだんこちんこになっとんにけ」と言うと「あなたボタンが互い違いになっているじゃない」と言う意味です。母親が子供の注意する時などによく耳にします。

くどく

「くどく」は標準語では異性に言い寄ることを意味していますが、富山弁では「愚痴を言う」という意味です。プレイボーイとは真逆の意味で、どちらかと言うと否定的なイメージを与えます。

たとえば「あのっさん、くどいてばっかおるやがぜ」と言うと「あの人愚痴ばっかり言ってる」という意味になります。とんだプレイボーイという意味ではないので、気を付けてください。

だいてやる

標準語で男性が女性に対して「だいてやる」と言うと「何言ってるの?」と耳を疑ってしまうでしょう。相手に好意を持っているなら、内心ドキドキして嬉しい気持ちになる女性も。

富山弁ではどのような意味でしょうか?「だいてやる」とは「おごってあげる」「ご馳走する」という意味です。男性から「今夜だいてやるよ」と言われたらそれは「今夜はご馳走するよ」という意味。通常は目上の人が下の者に対して使う言葉です。

男性が女性に言うと誤解されてしまう可能性もあるので注意が必要です。もちろん男性同士でも使えますが、基本的には40代・50代の世代でよく使われており、若い人はあまり使いません。

ちんと

「ちんと」は子供に対してよく使われる方言です。意味は「おとなしく」「じっと」など。よく耳にするフレーズが「ちんとしとられま!」で、意味は「おとなしくしてなさい」になります。

「ま」で終わっていることからさほど強い印象を与えませんが、親が子供に注意する際に使う言葉です。語尾の「ま」も富山弁の特徴の1つで、柔らかく可愛らしいイメージになります。

ちんちんぼんぼ

「ちんちんぼんぼ」と県外の人が聞くと、思わず耳を疑ってしまう方がほとんどでしょう。下品に聞こえる方言ですが、富山では「肩車」のことです。子供から「ちんちんぼんぼして」と言われると「肩車して」という意味。

「ぼんぼ」には肩という意味があり、大人と子供の間で使われる方言です。子供から「ちんちんぼんぼ!」とお願いされたらぜひ肩車したあげてください。

ちんちん

卑猥そのものでしかない「ちんちん」。女性が使うには抵抗がある言葉になりますが、富山弁では「熱い」という意味です。アクセントはつけず平坦に発音します。

どちらかと言うと熱すぎる時に使います。「あつあつ」に近いイメージでしょうか。たとえば「熱燗ちんちんにして」と言うと、「熱燗をあつあつにして」という意味。「お風呂ちんちんにわいとるよ。水入れられ~」と言うと、「お風呂あつあつにわいてるよ。水入れてね」という意味になります。

富山弁では「ちん」が様々な形で使われています。それぞれ意味が異なるのが特徴的!ぜひ面白方言をマスターしてみてください。

富山のかわいい方言

富山弁の面白方言を紹介してきましたが、もちろん可愛い方言もたくさんあります。語尾が女性らしく可愛いのも特徴ですが、「なーん」という方言も有名です。何にでも使えて「なーん」がつくだけで言葉が柔らかく聞こえるから不思議!

「なーん」は標準語でいう「どうも」と同じ意味。「なーん」としっかり伸ばして発音することで、可愛らしく聞こえます。逆に早口で発音すると怒りを表現することも可能。男性からも非常に受けが良い方言ですので、ぜひ取り入れてみてください。

他にも富山弁には可愛い方言がたくさんありますので、しっかり紹介していきます。

あっかりする

「あっかりする」「あっかぁする」とはその発音から「がっかりする」というマイナスな意味に捉えがちですが、実際にはプラスの意味で「安心する」「ほっとする」になります。

では例文を見ていきましょう。「あのっさんおらんよーなってさみしなったけど、あっかりしたなぁ」意味は、「あの人いなくなってさみしくなったけど、安心した」という意味です。

あったらもんな

「あったらもんな」とは「もったいないな」と言う意味。栃木や千葉でも使われており、栃木では「惜しむべき物」「大切な物」という意味で、千葉では富山県と同じで「もったいない」という意味で使用されています。

たとえば「でかいと残いてあったらもんの」と言うと「いっぱい食べ残してもったいないね」という意味になります。日常的によく使う言葉です。

せんまい

「せんまい」とはどのような意味でしょうか?富山弁の有名な助動詞に「まいけ」があります。誰かを誘う時に使う言葉で「~まいけ」「~んまいけ」と前につく動詞によって変わってきます。たとえば「一緒に行こう」と言いたい時、富山弁では「行こまいけ」「行かんまいけ」となります。

では「せんまい」とは?具体的には「~せんまいけ」と使われることが多く、「~しましょう」「~しよう」と言う意味です。「はよせんまいけ!」と言うと「はやくしよう」と言う意味。

富山地方の鉄道ICカード乗車券「Ecomyca(えこまいか)」のネーミングは、「まいけ」や「せんまい」に由来していると言います。

ちゃべ

「ちゃべ」は富山だけでなく、石川県でも同じ意味で使われています。「ちゃべ」とは、「おしゃべりな人」「口が軽い人」と言う意味。どちらかと言うとマイナスな意味で使われることが多く、会話するのが好きな人に対しては使われません。

たとえば「あのっさんちゃべやから、言わん方がいいじゃ」と言うと「あの人口軽いから、言わない方がいいよ」という意味になります。

「ちゃべ」を2回並べて「ちゃべちゃべ」という言葉もありますが、意味は「わざわざ」「でしゃばって」です。たとえば「ちゃべちゃべゆーて」と言うと「いらんことばっかり言って」という意味です。意味合いが異なってきますので使い方には気を付けてください。

でかいと

「でかいと」と聞くと「大きい」という意味を想像する人がほとんどでしょう。実際にはどのような意味があるのでしょうか?富山弁では「たくさん」という意味です。量が多いことを表す言葉で、大きさは関係ありません。

たとえば「でかいとよそってきたじゃ」と言うと「たくさんよそってきた」という意味になります。「でかいと人がおるがいね」と言うと「たくさん人がいるね」という意味です。

ちなみに「でかい」は富山でも標準語と同じで「大きい」という意味になりますので、必ず「と」をつけて発音してください。

富山弁の告白が胸キュン

富山弁は全く別の意味を持つ卑猥な表現もありますが、それ以上に語尾や表現がキュートで、女性が使うと「かわいい」と人気が高い方言です。よって男性の中には「富山弁で告白されたい!」と思っている方も多いとか。

標準語でストレートに気持ちも伝えるのも良いですが、時には可愛らしい方言で愛を伝えるのもおすすめです。ここからは、おすすめの告白フレーズを紹介していきますので、大好きな人に富山弁で気持ちを伝えてみませんか?

発音やイントネーションはこちらの画像も参考にしてみてください。

すきやちゃ

富山弁の可愛い語尾と言えばやはり「~ちゃ」。ストレートに好きという気持ちを伝えたいなら「すきやちゃ」と言ってみましょう。「ちゃ」がつくだけでさらに可愛らしさがプラスされ、男性陣はキュンとするはず。

漫画「うる星やつら」のラムちゃんだと「好きだっちゃ」になりますが、富山弁では「っ」が入りません。「ちゃ」の前に入る言葉は様々で、「すきやちゃ」以外にも「好きなんやちゃ」「好きやちゅ」などと表現する方もいます。

大好きなが

「好き」よりも強い気持ちを表現したいなら「大好きなが」と告白してみてはいかがでしょうか。「~なが」とは「~なんだよ」という強い言いきりの表現です。「大好きなが」にはその人の強い気持ちが込められており、相手にも伝わりやすいでしょう。

告白のフレーズとしては「あんたのこと大好きながよ!付き合ってもらえんけ」と言えばばっちり!意味は「あなたのことが大好きなんだよ。付き合ってもらえない?」になります。

また「ほんとやち」と付け加えるのもおすすめ。「本当だよ」という意味で、可愛い方言として人気があります。「大好きなが!ほんとやち」と言うと、「大好きなんだよ。本当だよ」という意味になります。

富山の方言がかわいくて好き!

 (839392)

富山の方言は語尾やキュートな表現が多く、告白にもぴったり!男性からも人気が高い方言ですので、ぜひ日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?

また、富山の方言を学びたいならお土産にもぴったりな「富山弁番付表」がおすすめです。代表的な方言が載っていますので、チェックしてみてください。

関連する記事