trima

ベトナムのリゾートを満喫する!おすすめのビーチや離島を徹底紹介!

ベトナムのリゾートを満喫する!おすすめのビーチや離島を徹底紹介!

2020.08.29

Trimaベトナム編集部

ベトナムの有名な観光地としてダナンのビーチがありますが、ベトナムには多くの島があります。また多くの島にもビーチがあり、子連れでも海を楽しむことができます。この記事ではベトナムを訪れた際にバカンスを満喫することができるリゾートスポットをご紹介します。

目次

  1. ベトナムのリゾート・ビーチを満喫したい!
  2. ベトナムのリゾートのおすすめポイント
  3. ビーチが多い
  4. 海が綺麗
  5. 子連れでも安心
  6. ベトナムのおすすめリゾート
  7. ニャチャン
  8. ファンティエット
  9. クアダイ
  10. ダラット
  11. ブンタウ
  12. ムイネー
  13. 人気急上昇!ダナンのおすすめリゾート
  14. ノンヌックビーチ
  15. ミーケービーチ
  16. ファムヴァンドンビーチ
  17. バクミーアンビーチ
  18. ベトナムでおすすめの離島リゾート
  19. フーコック島
  20. コンダオ島
  21. ベトナムのリゾート・海をより楽しむ方法
  22. 高級ホテルに泊まる
  23. 季節でリゾート地を選ぶ
  24. ベトナムのリゾート地は子連れにもカップルにもオススメ!

ベトナムのリゾート・ビーチを満喫したい!

 (765312)

ベトナムは南国のリゾート地として世界中の人から人気のある場所です。綺麗な海や砂浜があるため、日本からベトナムに訪れる人はたくさんいます。

この記事ではベトナムにあるリゾートビーチを堪能することができる場所をご紹介します!いずれの場所もベトナム内でも人気のある場所で非常に賑わっています。

ベトナムのリゾートのおすすめポイント

 (765313)

ベトナムは日本人だけでなく、世界中の人が集うリゾート地になっています。実際にビーチには多くの人種の人がいます。

しかしながら、なぜこれほどまでにベトナムのビーチは人気があるのでしょうか?ここからはなぜベトナムが観光地として人気があるのかお伝えします。

ビーチが多い

 (765314)

リゾート地として人気のあるベトナムですが、その理由の1つとして「ビーチの多さ」が挙げられます。ベトナムには多くのビーチが存在しています。

なぜならビーチが多いことによって観光客が分散するためです。ビーチの数が少ないと多くの人が集まってしまい、心を落ち着かせるどころではない環境になります。

それに対してビーチの数が多いと人が分散するので、一箇所のビーチに集まる人口は少なくなります。その結果、ゆったりと寛ぐことができるということになります。

海が綺麗

 (765315)

ベトナムのビーチがオススメな理由として「海が綺麗」というものがあります。日本の多くの場所は海が淀んでいたり、ゴミが浮いていたりしています。

それに対してベトナムの海は透き通った綺麗な海が流れています。非常に綺麗なので海に泳ぐ魚ですら視認することができます。またゴミといった物は一切、海に浮かんでいません。

海にゴミが浮いていないこともあってビーチに漂流物もありません。そのため非常に綺麗な環境が保たれています。

子連れでも安心

 (765316)

ベトナムのビーチが多くの人から好まれる理由として「治安の良さ」があります。いくら綺麗な海やビーチがあってもその近隣で事件や事故が多発していれば安心することはできません。

それに対してベトナムのビーチは非常に治安が良いことで定評があります。治安が良いため子連れでも安心して訪れることができます。

またベトナムのビーチには巡回を行う警官が定期的にパトロールをしています。もし何か事件や事故にあってもすぐに対応してくれます。

ベトナムのおすすめリゾート

 (765317)

ベトナムには多くのリゾート地があります。ビーチもあれば避暑地となっている山岳地帯も存在しています。

ここからは数あるベトナムのリゾート地の中でも特にオススメできる場所をいくつかご紹介します。またベトナムは日本と比べてアクセスが容易ではない場所も存在しています。

景色が綺麗な上にアクセスが比較的に容易な場所をピックアップしました。

ニャチャン

ニャチャンはベトナム南部にある街です。過去にこの街はフランス領の傘下にありました。しかしながら、あまりに綺麗な場所であったため、当時から一等リゾート地として評価されていました。

ニャチャンの乾季は3月から8月と言われています。8月が最も暑い期間と言われています。ダナンほど紫外線は強くないと言われていますが、日本のビーチより強いので紫外線対策は必須と言われています。

さらにニャチャンの海はとても綺麗なことで有名です。多くのビーチがあるベトナムの中でもかなりの人気を博しています。

ファンティエット

ファンティエットはホーチミンから列車もしくは車でおおよそ半日ほどかかる南シナ海に面したビーチリゾートです。白砂が美しいムイネービーチ沿いに美しいリゾートホテルが並んでおり、海を見ながらゆったりと時間の流れを堪能することができる場所です。

ビーチも大変綺麗ですが、少し進んだ場所には「白い砂浜」や「チャンパ王国時代のポサーヌ遺跡」など多くの観光地が点在している場所でもあります。

これらの観光地が集まっている場所なのでベトナムと自然と歴史を同時に感じることができる人気スポットになっています。

クアダイ

クアダイはホイアン歴史保護地区からタクシーで15分程度の場所にあるビーチです。海は穏やかで年間を通して外国人海水浴客で溢れている人気のある場所です。

安価で美味しいシーフードや開放的なお店が佇んでおり、訪れただけで心が落ち着く場所となっています。またビーチには多くの椅子が設置されており、バカンスの雰囲気をより感じ取れる場所となっています。

地域住民から愛されているビーチでもあるため、休日は多くの人が訪れる場所となっています。

ダラット

ダラットは山岳高原にある場所で避暑地としても有名です。ダラットまでの道のりは基本的にバスでの移動が一般的です。バスはニャチェンから手配するのがおすすめです。

永遠の春の都市と称されるだけはあり、木や湖といった自然で溢れています。また丘や湖、滝もありパワースポットに入ることもあります。

ダラットを訪れるのにオススメな期間は11月から4月までと言われています。5月から10月は午後からスコール、みぞれが降ったりと天気が悪くなる傾向が非常に強いからです。

ブンタウ

ブンタウは主に地元民や周辺住人から人気のあるリゾートビーチです。日本の江ノ島のように活気のあるビーチとなっています。

ビーチでのんびりしたいという目的には沿わない場所となっています。また「水浴びをする」「砂浜で騒ぐ」といったはしゃぐというイメージが正しいと言えます。

多くの新鮮な海産物が集まる場所でもあります。レストランや食べ歩き、テイクアウトといった様々な形態に合わせて海鮮料理を注文することができます。

ムイネー

ムイネーはニャチャンよりも南部にある港町です。欧米人やロシア人から人気があり、地元民よりも白人系統の人種が多い場所となっています。

ムイネーの欠点として「アクセスの不便さ」があります。ホーチミンから長距離バスで6時間ほどかかるのでビーチにあまり人はいません。人と関わりたくない人や個人の時間を重要視する人にはおすすめの場所と言えます。

バスの選択は長距離の移動になるので寝台付きのバスを選ぶことを推奨します。

人気急上昇!ダナンのおすすめリゾート

近年、ベトナムの観光地として大きく人気を集めているのがダナンです。

自然の綺麗さとベトナムの歴史の両方を感じることができる場所です。しかしながら、日本ではそれほど知名度はありません。

ここからはダナンでも人気のある観光スポットについてご紹介します。

ノンヌックビーチ

ノンヌックビーチは近年急激に人気を集めているビーチです。ダナンで高い人気を誇る観光名所の五行山に最も近いビーチで多くの観光客が五行山とノンヌックビーチを行き来しています。

特徴としては市街地から離れた静かな環境と美しい白色の浜辺であると言えます。また近隣には軽食を食べることができる場所も多数あり、南国の雰囲気を楽しむことができる場所となっています。

ノンヌックビーチは一般人が利用できる「パブリックビーチ」とホテル宿泊者だけが利用できる「パブリックビーチ」の2種類に分かれています。

ミーケービーチ

ミーケービーチは「世界の魅惑ビーチベスト6」に選ばれるほど綺麗なビーチです。そのため、近年多くの観光客が足を運んでいる場所となっています。

ミーケービーチを訪れるのであれば3月から8月がオススメです。なぜなら9月から2月の期間は雨季であり、連日に渡って雨が降ります。雨が降ると海の透明度が下がる上に雨の量によっては遊泳禁止になることもあります。

ミーケービーチへのアクセスはダナン国際空港から訪れることを推奨します。ミーケービーチまでタクシーまで10分ほどで着くからです。さらに宿泊するホテルによってはタクシー代が免除になることもあります。

ファムヴァンドンビーチ

 (765328)

ファムヴァンドンビーチはダナン大聖堂から車で10分ほどの場所にあるビーチです。特徴としては海の色がローカル色に濃いという点が挙げられます。

また他のビーチと比べて波が非常に穏やかな上に他の場所よりも広いです。そのため子供連れでも安心して利用することができる場所であると言えます。

シャワーや公衆トイレ、更衣室、荷物預け場所なども完備されているのでふらりと立ち寄ってもビーチを堪能することができる場所であると言えます。

バクミーアンビーチ

 (765329)

バクミーアンビーチはダナンの中でも特に綺麗なビーチと称されているほど綺麗なビーチです。5つ星ホテルが並ぶエリアにあるビーチで波が穏やかで子供連れでも安心して海に入ることができます。

ただし、このビーチは各5つ星ホテルのプライベートビーチになっているため、ホテル利用者以外が使用することはできません。さらにこのビーチに入るにはチェックがあるので出し抜けて入ることはできません。

もし最高級のリゾートを楽しみたいのであれば、非常にオススメな場所であると言えます。

ベトナムでおすすめの離島リゾート

 (765330)

ベトナムには数多くのビーチが存在しており、どのビーチも非常に綺麗な景色を有しています。

そして、ベトナムには離島リゾートという場所も多く存在しています。離島リゾートはアクセスに時間が掛かるものの、ビーチよりもさらに綺麗な景色があります。

またとても開放的な気分にもなるので、とてもリフレッシュすることができます。ここからはベトナムにあるオススメの離島をご紹介します。

フーコック島

フーコック島は一流建築家のビルベンズレー氏が設計した高級ホテルが話題になり、一気に有名になりました。位置としてはベトナム最南端の場所にあります。

アクセスはホーチミン、ハノイから国内線で訪れることができます。タイからも近く、約2時間で訪れることができます。人気のある離島スポットではありますが、認知度はまだ低いので穴場と言える場所です。

11月から4月の期間が旅行のベストシーズンとされています。特に4月は人気があり、フーコック島が一番人で溢れかえる時期であるとも言われています。

コンダオ島

コンダオ島は正確にはコンダオ諸島と言います。ベトナムから南東部に位置する諸島で唯一の有人島となっています。そして、その唯一の有人島がコンダオ島として知られています。

アクセスとしてはホーチミンからプロペラ機を介して訪れるのが一般的です。アクセスの方法が少ないのでフーコック島よりも穴場なリゾート地として知られています。

2月から6月の間がベストシーズンとされています。特にオススメな期間は5月で、ホテルからジュゴンやイルカを見ることもできます。

ベトナムのリゾート・海をより楽しむ方法

 (765333)

ベトナムには非常に綺麗な海やビーチがあります。そのため日本人がベトナムを訪れた際に感動を覚えるほどであると言われています。

そして、ベトナムのリゾートや海をさらに楽しむ方法が存在しています。ここからはベトナムでの観光をより良いものにする秘訣をご紹介します。

高級ホテルに泊まる

 (765334)

ベトナムの海をより堪能するためには「高級ホテルに泊まる」ことがオススメです。なぜなら、ホテル専用のビーチやプール、サウナ、レストランがあるからです。

またベトナムであまりに安いホテルに泊まると部屋が汚かったり、壁が薄かったり、虫が部屋に侵入することもあります。そのようなことが起こるとバカンス気分が削がれてしまいます。

せっかくのバカンスでベトナムを選ぶのであれば、ホテルにはお金を惜しまないことをオススメします。

季節でリゾート地を選ぶ

 (765335)

ベトナムは日本と季節の環境が大きく異なります。約半年間の雨季があり、乾季もあります。そのため、旅行に行く期間はしっかりと選ぶ必要があると言えます。

仮に雨季のベトナムに訪れてしまうと「旅行の半分以上をホテルで過ごした」なんてことにも成りかねません。また天気の影響で遊泳禁止や観光停止といったことになる可能性も存在しています。

このような事案が発生しないためにも季節をしっかりと見定めてからリゾート地を選ぶ必要があると言えます。

ベトナムのリゾート地は子連れにもカップルにもオススメ!

 (765336)

ベトナムは非常に綺麗なリゾート地であり、世界中の観光客が挙って訪れています。その理由は綺麗な海があるだけというだけでなく、子連れでも安心できる環境にあると言えます。

これらの理由からベトナムは家族旅行やカップルの旅行にも最適であると言えます。是非、足を運んでみてください。

 

 

関連する記事